江戸川区でリフォームをご検討の方へ

日本は人口減少がはじまり、いっぽうで高齢化社会が進んでいます。

江戸川区も例外ではありません。人間、年齢を重ねると体力的に衰えていき、一、二段の階段を上がるのも苦痛になることもあります。
キッチンでも、毎日使うコンロは、ガスの炎が見えにくくなり、衣服への引火で、火災の危険性が増えてきます。


高齢者の室内事故で多いのが風呂場の転倒事故です。


転倒事故の多くが風呂場で起きています。


事故防止には、バスタブの形や手すりの設置が必要になります。トイレを使う回数がふえる高齢者ですが、足腰が弱っていき、和式のトイレは不向きになります。

江戸川区の不動産の情報をお届けします。

そこで、安全確保にはリフォームが必要になります。



段差はスロープに改良することで、苦痛なく移動できます。


歩行が困難になったときの、車椅子での移動にはスロープはかかせません。

キッチンもIHの電気コンロに代えることで、火災事故は防げます。風呂場は高齢者の入浴がスムーズに進むように研究されたバスタブに入れ替え、手すりを設置することで転倒事故は防げます。

トイレは圧倒的に洋式が楽です。

このように、今や、高齢者がより快適な家庭生活を送るために、リフォームは必要です。



リフォームすることで、高齢者を取り巻く人たちの負担も大きく軽減されます。

高齢者もできるだけ自分の身の回りのことは、何歳になっても自分一人でやり抜きたい気持ちはあります。

そのために、マイフォームのリフォームは避けて通れません。

江戸川区で、いや、江戸川区以外でもリフォームを考えている方、さっそくお電話ください。